芸能

熊谷真実の旦那は誰?職業は?馴れ初めは?浜松市に移住?

「マー姉ちゃん」などのドラマで活躍していた女優の熊谷真実。

今の旦那は誰なのか?

還暦を迎えても元気はつらつな彼女の現在を調べてみました。

熊谷真実の旦那は誰?

熊谷真実は二回結婚しています。

一回目の結婚ははつかこうへいとで1980年に結婚して2年でスピード離婚しています。

性格の不一致だった、と言われています。

現在の旦那は書道家の中澤希水です。2012年に結婚しています。18歳年下の旦那さんです。

中澤希水のプロフィール

本名 中澤元臣
生年月日: 1978年1月 (年齢 42歳)
出生地: 静岡県
学歴: 大東文化大学
希水會主宰。成瀬映山に師事。
2014年、第9回手島右卿賞受賞。
ドラマの題字、書道監修、ロゴ、書道教室など幅広く活動している。浜松市親善大使

 

この投稿をInstagramで見る

 

・ ・ 銀鶴堂さんのレセプション後、同じく京都は岡崎のモダンテラスにて行われたLe R.D.R inc.さんの30周年記念パーティーにお邪魔してきました。 ・ お世話になってる長谷川さんの意向で皆様への感謝の気持ちを書で一筆!ということで300名程のお客様の前で揮毫させていただき、「謝」の字の最後の点は想いのこもった長谷川さんに託しました。 ・ ・ 京都はもちろんの事、東京、浜松の方々ともお会い出来、ご縁に感謝の楽しいひとときでした。 ・ ・ ・ #京都 #kyoto #モダンテラス京都 #書道 #席上揮毫 #感謝 #一筆入魂 #30周年 #fleshmarket #its #カルムネール

中澤希水・Kisui Nakazawa(@kisui_nakazawa)がシェアした投稿 –

 中澤希水のInstagramにはたくさんの作品がアップされています。

熊谷真実の結婚の馴れ初めは?

イケメンで18歳も年下の旦那さんとはどういう経緯で結婚に至ったのでしょうか?

熊谷真実は元旦那と離婚後女優としてずっと独身を貫くつもりでいたようです。

自身のブログで結婚報告をした時に語られています。

私の尊敬する女優さんに、結婚なさった方はいらっしゃいません。
結婚しても、独身だったり。
だから、女優という職業に、結婚はいらないのかも、とさえ、思っていました。

それだけ、命を注ぎ込む職業だと思っていました。

大好きな人ができたら、自分が減っちゃう。

精神的に未熟な私の考えです。
でも、彼に出会って、自分がなくなった。

私より、大事と思う時があることに驚いた。

引用https://ameblo.jp/kumagaimami/entry-11407777755.html

女優として生きるために、結婚はいらないと思っていたそうです。命を注ぎ込んで演じてきていたのですね。

仕事一途だった熊谷真実が180度変わってしまった結婚観。

陳腐な言葉ですが、結婚とは縁のもの。出会ったらそうなるようになっているのでしょうね。

そんな二人の馴れ初めですが、熊谷真実が中澤希水の書道教室へ通っていたことがきっかけのようです。

1年くらいは師匠と生徒の関係でまじめに書道の勉強をしていたようです。

熊谷真実は「先生がイケメンなら頑張るかなと。タレ目にやられました」と思っていたそうです。

旦那の中澤希水は「最初は女優とは知らず、おっちょこちょいだけど一生懸命な人だな、と。初回にいきなり筆を服の上に落として墨まみれにしたから(笑)。でも学ぶ姿勢は真摯でした」

始めは女優だと知らなかった、とは面白いですね。おっちょこちょいだけど一生懸命な人、とは熊谷真実そのものだな~って思いますね。

ある日、旦那さんが付き合ってる彼女と別れたと知って励ますつもりで一緒にカラオケに行ったそうです。そこから交際に発展していったそうです。

先に熊谷さんが「ずっと好きだった」と告白したらしいです。いったんは「考えさせてください。」と答えた旦那さん。

1カ月して仕事から帰ってきた熊谷さんに改めて「結婚を考えた交際をしたい。と告白して二人の関係がスタートしたようです。

熊谷真実が浜松へ移住?

結婚する前から二人は東京住まいでした。旦那さんは静岡県出身ですが熊谷さんは生まれも東京都出身。

将来、お父さんの何かを手伝うようなことになったら実家へ帰ることもあるかもしれないがまだまだ妻を地方へ連れて帰ることは考えてなかった、と旦那さん。

ところが、コロナの影響で二人の生活が変わってしまってどうしようか二人で考えたそうです。

熊谷さんの舞台が中止、旦那さんの書道教室も閉鎖。東京でこれまでの活動は出来ない、と直感して新しい場所を探し始めた時に自然と夫の故郷の浜松に決まったそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ご報告いたします! 私たち夫婦、夫の実家である静岡県の浜松市に引っ越すことにしました。 コロナの緊急事態宣言から生活が変わりました。 普通だった事が普通でなくなる世の中になりました。 東京にいる意味を考えるようになり、主人の実家の浜松に引っ越す決心をしました。 寂しくないかと言われたら、めっちゃ寂しいです。 私にとって、東京は故郷。生まれて育ったところです。 初めてその東京を離れるわけですから。 でも考え方を変えて、東京は仕事の場所、浜松は生活の場所と考えたら、それはそれでメリハリのある生活が送れるんじゃないかなと。 会いたい人にはどこにいても会える! それだけは信じています。 お盆過ぎたら浜松生活になります。 東京の沢山のお友達、これからもよろしくお願いします。 そして、浜松にも沢山お友達できますように! どうぞ宜しくお願いします! #熊谷真実#浜松へ#引っ越します #新しい人生#静岡県民#浜松市 #よろしくお願いします#コロナに負けるな #生活変えます#2拠点生活 @mami_kumagai310 @kisui_nakazawa

熊谷真実 Mami Kumagai(@mami_kumagai310)がシェアした投稿 –

当然、葛藤や不安もあったようですが二人でしっかり話し合って決断されたようです。移住に関しては静岡新聞の一面に掲載されたようです。ご覧ください。

そして、晴れて浜松市民になったことをInstagramで報告されています。

移住してからは、休日には二人でドライブして浜松の自然を堪能したり、美味しものを巡り歩いているそうです。

移住して⼀番よかったのは、9歳しか歳の変わらない義理の両親との関係性が密になったこと。以前は「歳の差」婚を認めていなかった義⺟だったが、現在は服の貸し借りもできるようになった。

先⽇は、義⽗のお誕⽣⽇を家族揃ってお祝いしたそう。夫婦そろっての移住を、義理の両親が誰よりもよろこんでくれ、移住したことで「本当の家族」になれたと実感したという。

引用https://dogatch.jp/news/ex/expost_88216/detail/

旦那さんの家族と、距離が近くなって仲良くできて本当の家族になれた、という嬉しい気持ちが伝わってきますね。

熊谷真実の結婚、移住についてまとめ

熊谷真実は二度目の結婚で書道家の中澤希水と結婚した。18歳下の年の差婚だった。

コロナの影響で、今までの生活ができなくなり自分たちの居場所を探しているうちに檀さんの故郷へ行くことが決まった。

浜松では、旦那さんの家族との関係が密になり、本当の家族になれたと実感でしたそうだ。

とても還暦になったとは思えない若さと美貌と底抜けに明るい熊谷真実さん!

これからも旦那さんと末永くお幸せに!!