芸能

赤江珠緒の夫は誰?馴れ初めは?コロナ感染から復帰!

フリーアナウンサーの赤江珠緒がダウンタウンなうに初出演しました。

とても明るくて人気のアナウンサーです。

赤江珠緒の夫はどんな人なのか?結婚の馴れ初めは?

夫婦でコロナ感染から無事復帰。その後は?

色々調べてみました。

赤江珠緒の経歴

赤江珠緒は人気のフリーアナウンサーです。

彼女の基本情報をご覧ください。

出身地     兵庫県明石市
生年月日   1975年1月9日(45歳)
血液型    B型
最終学歴   神戸女学院大学人間科学部
所属事務所  フリーランス
職歴     元朝日放送アナウンサー
活動期間   1997年 から
ジャンル   報道 情報 トーク バラエティ
配偶者    テレビ朝日社員

2008年11月23日に結婚しています。

2017年7月27日第一子女児を出産しています。当時42歳で出産しています。

赤江珠緒の夫は誰?馴れ初めは?

赤江珠緒の夫は、3歳年上の広島県出身でテレビ朝日報道局ディレクターの男性です。

当時は一般男性という事で名前はわからなかったのですが年月とともに、お相手の名前が分かりました。(後述しています↓次の見出しをご覧くださいね)

コロナの感染のこともあってネットニュースで名前が出ていました。

二人の出会いですが、さんまのまんまで次のように話されていました。

私、朝日放送のアナウンサーで局員だったんですけど、1年間だけテレビ朝日さんの番組に出ないかっていわれて、出向みたいな感じでテレビ朝日さんに行ってたことがあるんですよ。

朝の『スーパーモーニング』っていう番組なんですけど。結局、結果的には3年くらいいたんですけど、その時に知り合ったんです。

情報元 さんまのまんまより

プロポーズは旦那さんの方からだったと言います。

夫婦仲も良いそうで、夫婦の会話が途切れることがなく、夫婦の楽しいエピソードをさんまのまんまで話していました。

赤江珠緒と夫もコロナ感染!その後は?

テレビ朝日系報道番組「報道ステーション」でメインアナウンサーをはじめ番組スタッフがコロナ感染したニュースは記憶に新しいと思います。

赤江珠緒の夫はその「報道ステーション」のチーフディレクターです。夫がはっきり感染しているとわかる前から赤江珠緒は感染予防のために自らの行動を制限しました。

その時のニュースがこちらです。

日刊スポーツの記事を読んでいただくと、彼女がとても責任ある行動をとったことがよく分かります。

また、自分が感染していながら、たんとうするラジオ番組へあてて家族が感染した場合の準備すると良いもの、などの心構えを書いた手書きの手紙を送っている。この内容は、広く伝わり多くの人から称賛されている。

「感染してこれを呼び掛ける赤江はすごい」宮根誠司が元同僚アナの赤江珠緒に感服…コロナ陽性公表と同時に『準備6カ条』紹介

赤江珠緒は自らが窮地に陥っても報道の人間ができる最大限の事を考えて発信されたのでしょうね。

その後、家族全員無事に回復し、赤江珠緒はラジオ番組にも復帰している。

また、中村珠緒だけではなくて夫の伊藤賢治氏も回復後自らの状態を紹介している。

テレビ朝日「報道ステーション」(月~金曜後9・54)が15日放送され、新型コロナウイルスに感染した40代番組スタッフが病状や治療の記録を伝えた。
この男性スタッフはフリーアナウンサー赤江珠緒(45)の夫で、総合演出担当の伊藤賢治氏(47)。

番組中に小木逸平アナウンサー(46)が「先月、報道ステーションから新型コロナウイルス感染者が5人出ました。そのうちの一人は重症にまで悪化しました。本人が撮影した病状の変化をお伝えします」と紹介した。

引用https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/15/kiji/20200515s00041000405000c.html

夫婦ともに、報道の真の姿を見せてくださっていますね。

赤江珠緒のまとめ

〇 赤江珠緒はフリーのアナウンサー

〇 2008年に朝日放送社員の伊藤賢治氏と結婚。2017年に長女を出産。

〇 2020年4月夫がコロナを発症し赤江珠緒も陽性に。お互いにコロナについての情報をまとめて発信している。その後は無事に回復し、仕事も復帰している。

 

明るくて美人なだけでなく、報道の仕事ではしっかりと、自身の言葉で情報発信しておられる姿に改めて感動された方も多いのではないでしょうか。

家族仲が良く、ますますパワーアップしていく赤江珠緒の今後の活躍が楽しみですね!!